No. KT-NS-0154 
ねじりハンドル純銀スプーン 

   

フランス 19世紀末

長さ13.5cm 1本\7500(全2本)

 フランス製19世紀末の頃のものと思われるスプーンです。ハンドルが一部ねじり細工になっています。ハンドル先は手の込んだ美しいデザインのレリーフが入っています。すくう部分には金が掛けられた美しいスプーン。使いやすそうな大きさでいろいろと使っていただけます。スプーンのコレクターの方にもおすすめできる逸品です。
 19世紀パリのメーカーズマーク、もうひとつ小さな刻印が見られますが解読不能です。お写真にもありますがひとつに小さなへこみが見られます。古い物にご理解ください。

←ご注文・ご質問